ピンボール北斗きのこ

Apple Gift Card(アップルギフトカード)

Apple Gift Card(アップルギフトカード)とは、Appleのプラットフォームや直営店で使える、ギフトカードをいいます。これは、Appleの製品やアクセサリ、アプリ、ゲーム、音楽、映画、テレビ番組、ストレージなどが購入できるもので、ネット上のAppleが所有するプラットフォームと、と実店舗(直営店)のApple Storeで使えるようになっています。

現在、日本では、iPhoneやiPadなどのAppleユーザーが非常に多く、Appleの製品やサービスなどで使える「Apple Gift Card」は、プレゼントや自己利用、景品などで広く利用されています。

目次:コンテンツ構成

Apple Gift Cardの誕生経緯

Appleには、「Apple Gift Card」が提供される前に、「App Store & iTunes ギフトカード(iTunesカード)」と「Apple Store ギフトカード」の二つがありました。

App Store & iTunes ギフトカードは、アプリやコンテンツなどの購入に使えるのに対して、Apple Store ギフトカードは、iPhoneやMacなどApple製品の購入に使えるものとなっており、それぞれで使える対象が異なっていました。

2021年11月に、「App Store & iTunes ギフトカード」と「Apple Store ギフトカード」が統合されて誕生したのが「Apple Gift Card」であり、このカード一つで、Appleが提供する全てのものに利用できるので、ギフトカードとしての利便性が大きく高まりました。

アップルギフトカード

Apple Gift Cardの種類

Apple Gift Cardの種類には、「カードタイプ」と「メールタイプ(コードタイプ)」の二つがあります。

カードタイプ

Apple Gift Cardのカードタイプは、紙製のパッケージに、紙製のギフトカードが入っており、ギフトカードの表面には、アップルのステッカーがついており、一方で裏面には、16桁の英数字のコードなどが記載されています。

また、ギフトカードの金額については、金額固定タイプ(1,500円、3,000円、5,000円、10,000円)と、バリアブルタイプ(1,000円~100,000円の範囲で1円単位の購入が可能)の二つがあります。

現在、カードタイプは、直営店のApple Storeの他に、Apple Gift Card認定店であるコンビニやスーパー、ドラッグストア、家電量販店などで販売されており、気軽に購入することができます。

メールタイプ

Apple Gift Cardのメールタイプ(コードタイプ)は、ネットで注文して、Eメールで送付されるもので、Appleの画像やギフトカードの金額、16桁の英数字のコードなどが記載されています。

また、ギフトカードの金額については、金額固定タイプとバリアブルタイプの二つがあり、販売先によって異なります。その中で、Apple Storeオンラインでは、1000円から500,000円まで購入が可能となっています。

現在、メールタイプは、 Apple Storeオンラインの他に、Apple Gift Card認定店であるアマゾンや楽天市場、プリカストア(LINE)、Kiigoなどでも販売されています。

Apple Gift Cardの使える場所

Apple Gift Cardは、Appleの製品やサービスなどで使えるギフトカードですが、実際に使える場所については、ネットのAppleのプラットフォームと、街中のApple Storeに限定されています。

具体的には、ネットでは、Appleのプラットフォームである、Apple Storeオンライン(アップル製品)、App Store(アプリ)、Apple Music(音楽)、Apple TV+(映画・テレビ番組)、Apple Arcade(ゲーム)、Apple Books(電子書籍)、iTunes(音楽・ビデオ)、iCloud+(ストレージ)などで利用できるようになっています。

また、街中では、Appleによって運営されている直営店のApple Storeに限定されており、Apple製品を取り扱っている家電量販店や携帯ショップなどでは使えません。

Apple Gift Cardの使い方

Apple Gift Cardは、ネットのAppleのプラットフォームと、街中のApple Storeとでは、使い方が異なります。

ネットのAppleのプラットフォームでの使い方

ネットのAppleのプラットフォームでは、Appleアカウントにログインして、AppleアカウントにApple Gift Cardをチャージするのが一般的な使い方となっています。

具体的には、最も利用者の多いiPhoneでは、App StoreからAppleアカウントにログインして、「ギフトカードまたはコードを使う」をタップして、ギフトカードのコードをカメラで読み取るか、手入力するだけで、チャージが完了します。また、メールで送られたギフトカードでは、メール画面から簡単にチャージができるようになっています。

Apple Gift CardをAppleアカウントにチャージすると、Apple Gift Cardのギフト残高はゼロになる一方で、Appleアカウント残高がその分増えて、Apple StoreオンラインやApp Store、Apple Musicなど、Appleのプラットフォームでの支払いに使えるようになります。

もう少し整理して言うなら、Apple Gift CardをAppleアカウントにチャージして、Appleアカウント残高で、Appleが提供する製品やアプリ、コンテンツ、サブスクなどの支払いをするという仕組みになっています。

なお、Apple Storeオンラインなどでは、支払い時に、Apple Gift Cardのコードを入力して、支払いに使うこともできます。

Appleアカウント残高とは何か

Appleアカウント残高とは、事前にチャージ(入金)することにより、Apple StoreオンラインやApp Store、Apple Musicなど、Appleのプラットフォームの支払いに使えるものです。これは、Appleのプラットフォームの支払方法の一つで、Appleが提供する製品やアプリ、コンテンツ、サブスク、ストレージなどの購入に利用できます。

現在、Appleのプラットフォームの支払方法は、利用先によって異なりますが、Appleアカウント残高の他に、クレジットカードや銀行振込、コンビニ払込、Apple Payなど、様々な支払方法があります。

そういった中、Appleアカウント残高を使うケースとして多いのが、Apple Gift Cardからチャージして使う場合です。例えば、Apple Gift Cardをもらって、ちょっとしたコンテンツやアプリなどを購入しようと思ったら、Appleアカウント残高にチャージして使う、と理解しておくとよいでしょう。

なお、Appleアカウント残高のチャージ方法には、Apple Gift Cardの他に、クレジットカードやデビットカード、キャリア決済があり、またオートチャージもできるようになっています。

街中のApple Storeでの使い方

街中では、直営店のApple Storeが日本全国に10店舗ほどしかないので、使わない人も多いかと思いますが、実際の使い方はとても簡単です。

具体的には、Apple Storeで、iPhoneやiPad、Mac、アクセサリーなどの購入時に、Apple Gift Card、もしくはApple Gift Cardのメール画面をレジで提示して、16桁の英数字のコードを読み取ってもらうだけです。また、ギフトカードだけでは足りない場合は、差額分を現金やクレジットカードで支払うことができます。

Apple Gift Cardの注意点

Apple Gift Cardの注意点について、4つほど説明したいと思います。

(1)Apple Gift Cardは、Apple製品を取り扱っている量販店や携帯ショップ、ECサイトなどでは使えず、Appleが運営するプラットフォームと直営店でしか使えない。

(2)Apple Gift CardをAppleが提供するアプリやコンテンツ、サブスクなどに使う場合、Apple Gift CardをAppleアカウント(残高)にチャージして使うという仕組みになっている。

(3)Apple Gift Cardを直営店(実店舗)のApple Storeで使う場合、Appleアカウントにチャージしてはいけない。

(4)Appleギフトカードの転売や換金は、利用規約で禁止されている。